過払い金請求 デメリット

1. 過払い金請求にはデメリットがほぼないって本当!?

任意整理や個人再生などを利用すると、借金を減らすことが出来ることから、借金の返済に苦しんでいる人にとっては最適なのですが、大きなデメリットがあります。
債務整理をすることにより、ブラックリストに載ってしまったり、ローンが組めなくなるといったデメリットがあります。
利用者にとってメリットのあるものには、デメリットもあることから、過払い金請求にもデメリットがあるのではないかと心配している人もいるのではないでしょうか。
しかし、この過払い金請求することでデメリットはほとんどなく、請求をしないことがデメリットになると考えられます。

2. 過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう?

金融業者に対して、お金を請求をすることから、もしかしたらこの請求をすることにより、ブラックリスト入りしてしまうのではないのかと思う人もいるのではないでしょうか。
債務整理などをしてしまうと、ブラックリストに載ってしまい、大きなメリットとともに、大きなデメリットも抱えることになります。
しかし、この過払い請求には大きなメリットが得られる可能性はありますが、債務整理などのような代償はないため、気軽に請求をすることが出来ます。
大きなメリットの得られる請求なのですが、全くデメリットがないわけでもなく、しっかりとメリットやデメリットを知っておくことも大切です。

 

過払い金請求 ブラック

 

2-1. そもそも「ブラックリストに載る」ってどういうこと?

ブラックリストに載るとよく聞くけど、実際どのような状態のことを言っているのかと思う人もいるのではないでしょうか。
このブラックリストに載るというのは、金融機関にブラックリストというリストが用意されているということではなく、債務整理や延滞などの金融事故の情報が、信用情報機関に記録が載ることを指しています。
この信用情報機関には、どこの金融機関も登録をしています。
また、信用情報機関は一つではないのですが、それぞれの信用情報機関がつながっているため、どこかの信用情報機関に情報が記録されれば、どこの信用情報機関に登録をしていても金融事故などの情報が確認できることになります。

 

2-2. 個人信用情報に載ってしまうとどうなる?

お金を貸す金融機関は、必ず信用情報機関の記録を確認します。
そのため、この信用情報機関にブラックリストに載ると言われる、金融事故の情報が記録されることにより、金融機関からの信用を失いお金が借りられないという状況になってしまいます。
安定した生活を送るためには、金融機関からお金を借りることはとても重要なことです。
計画的にお金を使っていても、急な出費によってお金が足りないということはよくあります。
そのため、ブラックリストに載ることだけは避ける必要があります。
計画的にお金を借りて、確実に毎月の返済をしていくことで、うらっくリストに載ることを避けることが出来ます。

 

2-3. 過払い金請求をした場合にもブラックリストに載ってしまう?

過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまうのではと心配する人もいるようですが、過払い金請求をしたからといってブラックリストに載るといった心配はありません。
ブラックリストに載るということは、金融機関だけでなく、社会的な信用を失ってしまうこともあります。
しかし、このブラックリストに載らないというのは、過払い請求をしようとしている人には安心して請求出来るというポイントになるのではないでしょうか。
請求したからといって大きなデメリットもないことから、過払い金の可能性がある人にとっては是非請求しておきたいものです。

 

2-4. ブラックリストに載っても消してもらう方法はある?

ブラックリストに載ると金融機関からの借入が難しくなることから、ブラックリストに載ってしまった場合に、何とか消してもらいたいと思う人もいるのではないでしょうか。
しかし、債務整理や延滞などの金融事故を起こして、信用情報機関に記録が載ってしまえば消す方法はありません。
ただ、その記録が間違っているという場合には、金融事故の情報を提出した金融会社に、取り消しの申し立てをすることにより、事故情報を消すことは可能です。
この信用情報機関の記録は、登録している金融機関だけでなく、本人なら確認することもできるので、自分の信用情報が気になるという人は、一度確認してみてはいかがでしょうか。

3. 過払い金請求のデメリットを挙げるなら?

過払い金請求によって信用情報機関に事故情報のような記録をされることはありません。
これは金融庁の指導によるものなので、信用情報機関に記録されるといったことはまずないため、過払い金請求にデメリットは全くないように感じる人もいるのではないでしょうか。
ブラックリストに載るほどのリスクはないのですが、この請求をすることでのデメリットが全くないというわけではありません。
この請求をする前には、このデメリットもしっかりと知ったうえで請求することが大切です。
デメリットを知ることにより、後悔のない過払い請求をすることが出来ます。

 

3-1. 過払い金請求をした金融業者からは新規に借り入れをすることができない可能性が高い

過払い請求をすることにより、信用情報機関に記録されることがないということは、他社にその情報が知られることがないということです。
しかし、過払い請求をした会社では、その情報はしっかりと保管しています。
その自社で保管している情報により、請求をした金融会社からお金が借りられなくなるということは覚悟しておく必要があります。
金融会社にとって、過払い請求をしてくる利用者は、不利益を与える利用者となり、まずお金を貸してくれないと考えられます。
過払い請求をする際には、このリスクはしっかりと理解してから請求をすることが大切です。

 

3-2. 弁護士などの専門家が必須で、費用がかかる

過払い請求は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をするのが一般的です。
自分で計算をして請求をすることは可能なのですが、金融会社によっては個人を相手にしないこともあり、確実に過払い金を返してもらうには、専門家に依頼するのが賢明な判断と言えます。
金融会社によっては訴訟に発展することもあり、法律家に依頼しておくのが安心して請求する方法です。
しかし、弁護士などに依頼をすることで費用が掛かります。
弁護士などに依頼をすると着手金や解決報酬金、過払い報酬金などの弁護士費用によって、赤字になるケースもあります。

 

3-3. 過払い金請求には時間がかかる

過払い金請求をすれば、すぐにお金が返ってくるようなイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、この過払い金請求をして、金融会社と和解をしたとしても、返還されるまでに平均で4か月から8か月程度の時間がかかります。
この時間を見て、かなり時間が必要となると感じるのではないでしょうか。
これは和解した場合であり、訴訟になればさらに時間がかかることもあります。
デメリットの少ない過払い金請求ですが、この時間がかかることで請求するのをためらっているという人もいるようです。
弁護士や司法書士との話をする時間なども必要となり、ある程度の時間や労力は必要となります。

 

3-4. 法律的な争点がある場合、裁判で負ければ過払い金が減る

過払い金請求をすれば、金融会社がすぐに返還してくれるというわけではありません。
金融会社は、請求された内容をチェックし、少しでも問題があったり、減額できるようなら簡単には支払ってくれません。
このような時には、裁判によって判断をしてもらうのですが、この裁判に負けるようなことがあれば、過払い金が減ってしまうこともあります。
借入や返済を何度も繰り返している場合なら、それを一連取引を認められるのか、個別の取引と判断されるかで過払い金も違ってきますし、返済中に延滞などがあれば、遅延損害金利息で計算されることもあり、その分が減額されることもあります。