杉山事務所 アコム

アコムに過払い金請求できるのはどんな人?

杉山事務所 アコム

過払い金返還額が月に5億円以上の実績をもつ司法書士法人「杉山事務所」は、債務の専門家を多数抱え、アコムとの過払い金返還請求の交渉にも対応してくれます。
アコムは2007年6月18日にグレーゾーン金利を撤廃しているため、2007年以前に利用していた人が過払い金を請求することができます。
また、2009年にDCキャッシュワンを傘下に入れたので、こちらからの借入も過払い金請求の対象になります。
しかし、アコムマスターカードのショッピング枠には債務の負担義務があり、これに関して未完済の状態で過払い金を請求してしまうと信用情報にキズ(ブラックリスト)が付いてしまうため、過払い金請求の対象外としています。

 

アコムの過払い金請求の状況について

アコムに過払い金を請求した場合、どのような対応をしてくるのでしょうか?
アコムは2007年にグレーゾーン金利を撤廃しているので、開示請求をすると取引履歴などの必要な情報をすぐに提示してくれ、対応が速やかなので比較的過払い金を請求しやすい状況にあります。
しかし、返還金額が決まったのになぜかスムーズに返還されない場合があり、そのような時は裁判にまで発展することが多いのです。
素人が交渉すると、お金の専門家である企業側から強く言われてなかなかうまく進まないので、請求をする時には専門家を交えて交渉を行うことをおすすめします。

 

杉山事務所にアコムへの対応ついて

豊富な実績をベースに交渉

アコムは過払い金返還に比較的協力的とはいえ、双方に納得のいく答えが出なければ、交渉がスムーズに進まないケースもあります。
取引履歴の送付を頼んでも、担当者によっては過払い金を返還したくなくて、理由をつけてすぐに渡してくれない場合もあるかもしれません。
業者側から強気に出られると、言いたい意見も言えなくなってしまいます。
杉山事務所は債務整理を得意とする司法書士が多く在籍しており、過払い金請求交渉の実績が豊かです。
相談料も無料で、依頼した後は最後まで仕事に責任をもって対応してくれます。
過払い金請求交渉をスムーズに行うためには、そのような知識と経験を有する専門家に依頼するのが一番です。

 

いくら返還される?返還にかかる期間は?

過払い金返済を請求した場合、返還額はいくらなのか、返還にかかる期間はどれくらいなのか気になりますよね。
アコムの過払い金は、満額の80%〜90%が返還される可能性が大きいようです。
返還までの期間は、電話などで交渉をして和解に持ち込めた場合は、約4ヶ月〜5ヶ月程度で返還(約80%返還)されます。
こちらは、早くお金を返してもらいたい人のための方法です。
また、出来るだけ多くの金額(〜90%返還)を返してもらいたい場合は、訴訟を起こす方法もあります。
ただ、このやり方だと少し時間がかかって、約6ヶ月〜8ヶ月の期間が必要になってきます。
自分がスピードや金額どちらを重視するかによって変わってくるのです。

 

アコムに過払い金請求するときの流れは?

次に、アコムに過払い金請求をする時の流れを見ていきましょう。
まず最初に、アコムに連絡をして取引履歴の取り寄せをします。
アコムは開示請求にも積極的に応じてくれるようなので、すぐに送付してくれる可能性があります。
次に、取引履歴から引き直し計算(過払い金金額)をミスのないように行い、業者へ請求して担当者と電話などで直接交渉をします。
そこで和解交渉が上手くいくと、過払い金の返還となります。
ただし、交渉段階で双方の意見が合わない場合は、書面や訴状の準備を司法書士事務所にしてもらい、訴訟を起こす流れになります。

 

アコムへの過払い金請求はここに注意!

アコムへの過払い金を請求するにあたり、注意する点がいくつかあります。
まず、DCキャッシュワンからの借入が残ったまま債務整理をすると、信用情報に事故登録される可能性があるので注意が必要です。
また、個人での請求を進める場合は、取引履歴開示から返還まですべての工程を自分でしなくてはならず、システムの勉強もいれればかなりの時間が必要なので、費用はかかりますが専門家に相談をすることをおすすめします。
なお、以前は過払い金請求をした人が「債務責任があるのに義務を怠った」としてブラックリストに載ってしまい、借入が困難になることがありました。
しかし、現在は債務責任がない状態の請求ならそのような事態にはなりません。